手机版 | 登陆 | 注册 | 留言 | 设世界杯竞猜官网官方 | 加收藏

日企专用三槽式超音波清洗机

时间:2017-10-17    点击: 次    来源:网络    作者:无锡雷士 - 小 + 大

 

 

日企专用三槽式超音波清洗机

一、設備の概略の説明

LSA-E20/2400超音波洗濯機の洗濯原理は超音波ジェネレーターが動作周波数の電気エネルギーを28KHzの高周波電気信号に転換して、高周波ケーブルを通じてトランスデューサーに輸送し、トランスデューサーを通して高周波の機械振動に転換した後、洗浄液に伝播し、強い超音波振動を生み出す。そして汚れを振動で落として、物体を効率的に洗濯する目的を果たす。本機は伝統的なイマージョン、スクラブ、高圧洗浄、振動クリーニングや蒸気洗浄など野工芸方法を取って代えた。安全で頼もしく、損なうこともなくて、工作物の表やボア、物陰のところには洗濯の効果が更によくて、清浄度もより高くなっただけでなく、洗濯のスピードも速いので、生産効率を高めることができる。第一タンク超音波洗浄、第二タンク超音波微細なクリーニング、第三タンク水で洗い流し。超音波洗浄槽はタンクごとに独立的に時間をコントロールし、加熱定温に保ち、警報注意を出すことができ、独立循環装置を配置して、タンクごとに先進的なオーバーフロー工芸を配置しているので、洗浄液の相対的な清潔を確保できる。

 

 

結構構成

LSA-E20/2400超音波洗濯機の主な結構構成

1第一タンク超音波洗浄

2第二タンク超音波微細なクリーニング

3第三タンク水で洗い流し

4循環濾過システム;

5自動温度制御加熱システム;

6電気器具コントロールシステム;

7洗濯定刻装置

8定刻警報装置

 

、機能の説明

1. 超音波ジェネレーター:超音波ジェネレーターが28kHzの超音波電気信号を生み出し、超音波トランスデューサーに提供する

2. 超音波トランスデューサー:超音波ジェネレーターが生み出したスーパーオーディオを高周波機械振動の機械運動のエネルギーに転換し、洗浄液に伝播するのを通じて、超音波洗濯を実現する;

3.第一超音波洗浄タンク:

物件の表の大部分の汚れを落とすために、洗浄される工作物はそのタンクで一回目の洗浄、すなわち大まかな洗濯を行う;

4.第二超音波洗浄タンク:    

より良い効果を果たすために、そのタンクで工作物に二回目の洗浄を行う;

5.第三洗い流しタンク:

超音波洗濯を通した工作物を、清水で洗い流す;

6.各タンクはみな自動制御間接式加熱システムを配置している:各タンクの洗浄液の温度を自動的に加熱して制御するのを通じ、洗浄工芸の最高要求に達する;

7.超音波タンク濾過システム:超音波洗浄タンク内の洗浄剤を濾過して、それを比較的な洗浄能力に維持させる;

8.各タンクはみな液の水位制御装置を配置して、その中に入る水の量をコントロールする;

9.各タンクは水の入りも排出にもみな電磁弁を配置して、水の入りと排出を自動制御でき、溢れ出した液体が鋸歯の形のオーバーフローで、オーバーフロー口を通して溢れ出す。

10.洗濯が終わると、時間定刻器は設定された時間に応じて、自動的に操作人員に警報を出して注意する。

 

技術のパラメーター

1.組み立て完成品の重量:   270Kg

2.外観のサイズ:   1800*800*800mm

3.洗浄タンクの内径: 390*390*290mm

4.超音波仕事率:   2400W

5.加熱仕事率:   3000W  

6.輸入電圧:   380 AC 50Hz

7.仕事温度:   0-100

8.輸出内径高調波のぱらめーたー:97%min

9.始動できる最高値電流2400W負荷 15A

10.仕事調波:28KHz   

、操作のプロセス

水を入れて加熱する

料を入れる

 

時間を設定する

第一タンク超音波洗浄

第二タンク超音波微細なクリーニング  

第三タンク水で洗い流す----料を取り出す

 

、操作の説明

1.機械を動かす前の準備

1.1機械は妥当に取り付けているかどうかを確かめて、それを水平の位置に調整してください;

1.2すべての電源及び電器のスイッチを<>(つまり消す)という位置に置いて、電源は要求に適応するかどうか、機械の殻(ケース)のアースは頼もしいかどうかを調べてください;

1.3各洗浄タンクはきれいかどうかを調べてください;

1.4水を提供する管路と排出する管路の連結は正しいかどうかを調べて、液を排出するすべてのボールバルブを閉じてください;

1.5洗濯工芸の要求に応じて各タンクに洗浄液を注ぎ込んでください。

2.機械を始動する説明(組み立て完成品)

2.1コントロール箱の電源の総スイッチ及び各ファンクションのスイッチを閉じて、電気箱パネルでの操作電源を始動してください;

2.2各タンクの水を入れる始動ボタンを押して、青の信号の明かりが見えるようにしてください;

2.3温度制御装置が設定した温度を調節して、各タンクの加熱スイッチを「ON」という位置に置いて、各タンクの温度制御装置を調節して、各組みのパラメーターを設置してください(一回ですべて調節し終えてでも結構です);

2.4相応の青の信号は明るくなるかどうかを調べてください。各タンクが設定した温度に達した後、赤の信号が明るくなる(温度制御装置が示す);

2.5工作物の大きさに応じて、コントロールパネルでの洗浄時間を設定してください。

2.6操作台の蓋を開けて、工作物を洗濯バスケトに入れてください。そして、第一超音波洗浄タンクに入れ、蓋を閉じて、超音波ボタンを始動てください。

2.7洗濯が終わったら、操作員に工作物を取り出すように注意するために、警報装置はならす。

2.8第三タンクの洗い流しが終わるまで、2.5-2.7の動作を繰り返してください。

 

 

、性能の特徴

1.SUS304すべてはステンレス鋼の結構で、外観は美しく見栄がして、酸やアルカリなどの腐食に耐える。
2.
先進的な超音波ジェネレーター技術、ブロードバンド走査電気回路は洗濯の届かないところを徹底的に取り除ける。その性能も安定している。

3.Q値圧電陶磁器トランスデューサーは輸出当量が大きく、転換効率が高い(熱を発する量が小さい)。
4.
独特な周波走査機能は超音波洗濯効果を保証した。隙間に深く入って洗浄することができただけでなく、工作物の表も損傷しない。衝撃強度が強く、洗浄するスピードが速く、超音波密度が高く、貫通力が良いなどの特徴を持っている。それに、洗浄する一致性も高く、かかる時間も少ない。
5.
制御装置の一対一の形式を採用して、一台の装置は一台の振動ボックスを動かすため、お互い信号の邪魔や周波の不調現象などの心配はない。

6.品質の高い超音波トランスデューサーのねじ釘工芸に、輸入する接着剤及び先進の接着工芸を加えるダブル保険で超音波トランスデューサーは固定で丈夫になっていて、使用寿命も長い。
7.
加熱と自動定温装置、お湯で洗濯すると汚れを溶かして落としやすい。温度範囲は0—100

8.電子回路は過電圧、過熱、過電流保護回路を設計して、安全で頼もしくて保障がある。

9.濾過循環装置は溶剤が洗浄した後生み出す不純物を濾過して、洗剤をリサイクルできる。

10.時間制御装置は予め洗濯時間を設定して、洗濯が終わったら、警報で注意する。

 

、メンテナンス

1設備が仕事の場所での通風や乾燥、きれいを維持するのは、設備の長期的で、効率的に運転すること及び仕事の環境条件を改良することにいい;
2
洗浄液があまり汚すぎるとすぐ処理すべきで、定期的に洗濯槽や貯水槽の中の汚れを整理清潔し、洗浄槽の中と外観の清潔を維持するのは洗浄槽の耐久性を高められる;
3
電気制御箱と設備通風口は水蒸気や腐食性の気体、粉塵に離れて、定期的に圧縮空気で付着した埃を処理してください;
4
定期的に設備の絶縁性を確かめて、劣化電気の組み立て物品に定期的に検査して、設備が良くアースに接触するのを確保するために、アースも検査してください;  

5定期的に電源をテストして、設備に相応しい電源電圧の要求を確認し、高すぎる、あるいは低すぎる不安定な電源の下で長期的に作業するのを避けてください;
6
濾過装置を持っている設備は定期的に濾過芯を変えたほうがいい;  

7伝動機構を持つのは、要求に応じて定期的にグリース、機械油などの潤滑剤を注き、減速ギア油を換えて、運動物品が良好の潤滑条件の下での作業を確保したほうがいい;

8自分が解決できない故障問題があったら、タイムリーに雷士専門家に訪ねてもいい。

 

、使用する注意事項

1.  洗浄液を液の水位線まで注いで、仕事率を適応させ、電流を安定させてください。

2.  加熱管とトランスデューサーを損害しないように、洗濯機のタンクの中で、洗浄液のない場合で加熱装置と超音波源を始動してはいけません。

3.  きちんとアースに接触しない場合で機械を始動いてはいけません。

4.  水を振動ベッドまたは回路基板に飛び散って、故障を起こさないように、使用中は洗浄液をタンクに零れて、水でジェネレーターを洗ってはいけません。

5.  機械を湿った通風しない環境に置いてはいけません。

6.  電源電圧の変化が機械の許す範囲を超えるときは、使用を中止すべきです。

7.  トランスデューサーが湿りや汚染で電気漏れやショートになるときや、打つかって破損、Uターンなどの故障になって、当社に戻って修理する必要があります。

8.  超音波効果が突然弱くなると、超音波回路基板が故障になっている可能性があります。検査、修理して、正常に戻った後で使ってください。

9.  取り付ける時はジェネレーターの出荷番号と洗浄槽(あるいは振動ボックス)番号を確かめてください。

10.             電気漏れやジェネレーターの損害、感電を防ぐために、輸出線は延びる、あるいはパイプを突き抜ける時は、二本の輸出線は逆に接してはいけません。また、ショートしてはいけません。

11.             第三番と第十一番に従わないで電気漏れの死傷事故を起こす場合、本社は責任を一切取りません。

12.             機械の局部の変動がある場合、すべては実物を参考してください。本説明書は二度と説明しません。

 

 

 

http://www.woschlab.com 日企专用三槽式超音波清洗机

上一篇:LSA-E36医用超声波清洗机

下一篇:连续通过式超声波清洗机系统

 |   QQ:745251892 世界杯竞猜官网官方 版权所有  |  地址:无锡市北塘区惠钱路严家棚厂区  |  电话:0510-82465315 83502189 13506196276  |  
Copyright © 2022 世界杯竞猜官网官方 版权所有,授权www.woschlab.com使用 Powered by 55TR.COM
苏ICP备11026715号